旧優生保護法に基づく不妊手術に国家賠償認める

最高裁大法廷が判決

  •  旧優生保護法によって障害などを理由に不妊手術を強制されたとして、宮城県など全国の被害者が国に賠償を求めていた裁判について、最高裁判所は3日、仙台高裁などで判決が出され上告されていた5つの裁判について統一の判断を示し、国の賠償責任を認める判決を言い渡しました。宮城県の原告の裁判については訴えを退けた高裁判決を破棄し、審理のやり直しを命じました。
  •  旧優生保護法をめぐり全国の人たちが国に賠償を求めていた一連の裁判では、仙台や東京などの高等裁判所で判決が出され最高裁に上告されていた5件について、15人の裁判官全員が参加する大法廷で審理されていました。
  •  5件の裁判では、いずれの高等裁判所も旧優生保護法の違憲性を認めています。損害賠償については4件が国に賠償を命じるなか、仙台高裁だけが不法行為から20年が経過すると賠償請求の権利が消滅する除斥期間が適用されるとして、原告の訴えを退けていました。
  •  3日の判決で最高裁判所は旧優生保護法を違憲とし、除斥期間については「正義公正の理念に反し到底容認できない」などとして適用を認めず、国の賠償責任を認める統一判断を示しました。
  •  5つの裁判のうち宮城県の原告の裁判については、訴えを退けた高裁判決を破棄し、やり直しを命じました。
  •  20年以上前から声を上げていた宮城県の原告、飯塚淳子さんは次のように話しました。
  •  原告飯塚淳子さん「良かったですいい判決で。良かったなあってじんときました。泣きました。人生は返ってこないんですけどでも、いい判決で良かったと思ってます。きちんと謝罪してもらいたいし、これから手術された方が名乗り出て謝罪と補償を他の方にも受けていただきたいと思っています」
  •  午後5時ごろから始まった原告や弁護団の報告集会では、宮城県のもう1人の原告、佐藤由美さん(仮名)の義理の姉も喜びを爆発させました。
  •  佐藤由美さん(仮名)の義姉「2連敗しているからこそ色々な話とか弁護団もがんばってくれてここまで大法廷につながったからよかったなと思います。もし仙台で勝っていたらここまできてきょうみたいな判決はいただかなかったかなと私は思いました
  •  弁護団長新里宏二弁護士「法曹の担い手を最高裁がきちんと果たしていただいたのではないかなと、そういう意味では勇気あるすばらしい判決だったと思います」
  •  高橋直希記者「国に賠償を命じる最高裁の判決は午後3時ごろに言い渡され、閉廷すると傍聴席からはゆっくりと拍手が起こりました。良かったと声を漏らす方もいて原告の表情は柔らかく笑顔も見られました。
  •  宮城県の原告、飯塚淳子さんは今回も敗訴するのではないかと非常に不安そうな様子もありましたが、判決後は噛み締めるように何度もうなづき、にこやかな表情を見せていました。
  •  優生保護法をめぐっては2万人以上が手術されたとされていますが、裁判を起こしたのは39人しかいません。今後は国がどのようにして被害者を補償していくのかが問われることになります。
  •  旧優生保護法の一連の裁判は、宮城県に住む女性が被害者として初めて名乗り出たことが全国に広がるきっかけになりました。
  •  これまで被害者の救済を阻んできたのは除斥期間という「時の壁」でした。
  •  2018年1月、宮城県に住む佐藤由美さん(仮名)が仙台地裁に提訴したことが、全国で初めてのことでした。
  •  これをきっかけに各地で同様の裁判が提訴され、20年以上被害を訴え続けてきた飯塚淳子さん(仮名)も2018年5月に提訴しました。
  •  2019年の仙台地裁と2023年の仙台高裁はいずれも旧優生保護法の違憲性を認めたものの、除斥期間を理由に原告2人の請求を棄却しました。
  •  除斥期間とは、不法行為から20年が過ぎると賠償を求める権利が無くなるという民法の規定です。
  •  仙台地裁と仙台高裁は不法行為、つまり不妊手術から20年以上経っているため原告に賠償を求める権利は無いと判断していました。
  •  一方、大阪高裁、東京高裁、札幌高裁は除斥期間の適用を認めず国に賠償を命じるなど除斥期間についての判断が分かれていて、最高裁の統一判断が注目されていました。
  •  救済の扉が開いた今回の判決について、専門家に聞きました。民法に詳しい成蹊大学の渡辺知行教授は「全ての被害者を救済するような判断」と評価しています。
  •  成蹊大学渡辺知行教授「除斥期間だからと言っているような主張は、正義公平に反すると明確に言っている。被害の実態に即して重大な被害が発生しているということに照らして、十分な補償を受けられるようにするべきだと。全ての被害者を救済するような方向で判断されてるということになると思います」
  •  渡辺教授は「旧優生保護法の違憲性を認め、除斥期間の適用を認めなかった最高裁の判決は重い。仙台高裁の審理やり直しでも国の賠償を認める判決になるのでは」と話します。
  •  成蹊大学渡辺知行教授「国の方が人権侵害を行っていて、それを適法だというようなことを言っていて十分補償していない。そういうような状況の下で長らく損害賠償を求める、提訴するということが遅れているという状況ですから、差し戻しの後この最高裁の判例のルールに当てはめれば、今度は救済を認めなかった判断ではなくて原告の請求を任用すると、認めるといったというような判断に変わると思います」
  • 以上Yahooニュースより
  • この春公正公平なる判決を求める署名活動にご協力頂きました皆さま、改めて厚く御礼申し上げます。

強制不妊手術賠償に新法検討

  • 障害を理由に不妊手術を強いた旧優生保護法を違憲とし、国の賠償責任を認めた最高裁判決を受け、超党派議員連盟が被害者補償に関し、新法制定を軸に検討していることが4日、関係者への取材で分かった。議連は来週会合を開き、今後の対応や詳細を巡り協議する方針。被害者が高齢化していることを踏まえ、秋の臨時国会への法案提出も視野に、救済の動きを加速させる見通しだ。
  •  岸田文雄首相は判決を受け、新たな補償の対象や内容について「国会との調整を通じて早急に結論を出していきたい」と3日に表明していた。関係者によると、全面解決に向けて議連が中心となり、国の違法行為に対する補償金支払いなどを盛り込んだ新法の制定を軸に検討する方針という。
  •  旧法を巡っては2019年4月、被害者に320万円を支払う一時金支給法が議員立法で成立したが、国に賠償を命じた4件の確定判決は、手術された本人への賠償額を1100万~1650万円とした。全国被害弁護団はこの金額をベースに、議連と協議を進めたいとしている。
  • 以上Yahooニュースより

7月の予定

定例会

今月の定例会は次の通り総合福祉センター5階集会室で開催です

昼間部・・・水曜日(3,10,17,24,31)10時〜12時

夜間部・・・火曜日()18時半〜20時半

東サ連総会が開催されました

去る6月2日(日)、伊豆の国市の韮山福祉・保健センターにおいて、静岡県東部手話サークル連絡会の第16回定期総会が開催されました

総会には、静岡県東部にある9つの手話サークルから選出された代議員が集まり、令和5年度活動や会計の報告、令和6年度の事務局体制、活動や予算について審議しました

6月の予定

定例会

今月の定例会は次の通り総合福祉センター5階集会室で開催です

昼間部・・・水曜日(5,12,19,26)10時〜12時

夜間部・・・火曜日(4,11,18,25)18時半〜20時半

伊豆ろう協による ストレッチ動画DVD作成協力

 

お宮の松銅像前で “パチリ”

…と言っても、観光旅行での記念撮影ではありません。
2020年の「第70回静岡県ろうあ者大会」が伊豆ろうあ協会の伊東市が担当することが決定しました。
開催担当の伊豆ろう協や、開催場所・観光名所などを紹介するためのプロモーションビデオを、その前の「第69回静岡県ろうあ者大会」フィナーレ時の引き継ぎ式で会場にて流すことになったそうです。
伊豆地区各地の観光名所紹介は、以下の通りで当サークルにも観光名所撮影の協力要請がありました。

◎伊豆・伊豆の国市(修善寺温泉・韮山反射炉等)、
◎伊東市(吊り橋、シャボテン公園、大室山等)、
◎三島・函南(三島大社・スカイウオーク等)
◎下田・加茂(河津さくら祭り、踊り子、熱川等)
◎熱海(お宮の松、サンビーチ、来宮神社、伊豆山神社等)

また、これに併せて伊豆ろう協では、「ストレッチ体操」のビデオを各地のリレー方式で作成するとのこと。

こちらは各地区でストレッチ体操のpart部分を担当し、それぞれ収録したものを一本に編集、2019年4月の伊豆ろう協の定期総会で公開するそうです。(各地区30秒程度?)

①三島・函南(ところてん体操)
②熱海(アジの開き体操)
…両手肘を曲げて胸前で開いて閉じて。
③伊東市(ミカン狩り、ボート漕ぎ体操)
④伊豆・伊豆の国市(ワサビ体操・Freeclimbing体操)
⑤下田・加茂(キンメ体操)

ユニークなネーミングが笑えますね。
どんな仕上がりになるのか楽しみです。
当サークルでも、2月17日(日)に有志が撮影に参加協力しました。
当日の(アジの開き)動画撮影に協力した会員から報告書が届いていますので掲載します。
寒い中撮影協力お疲れさまでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伊豆ろうあ協によるストレッチ動画DVD作成協力

2月17日熱海ろうあ協主宰の動画撮影会が快晴の中お宮の松、銅像前にて熱海手話サークル会員、昼間部、夜間部合わせて10名参加により撮影が伊豆ろうあ協役員さん協力で無事終わりました。

熱海は最近観光客が多く、特に日曜日のお宮の松、熱海銀座周辺は混雑で何時もの倍以上集合場所に行く時間が掛り1時半から、ろうあ協のポロシャツに着替え、アジの開き体操を練習、お宮の松前に、観光客が少ない時に移動、皆様の協力で風も無く太陽の下で元気よく楽しく終わることができました事に、皆さんホッとして居ました。

このDVDが出来ましたら、他の担当体操を覚え、サークルでストレッチ体操を手話の始める前か終わりの時に遣る習慣を付けたら、私達の硬くなってきた、身体の為にもなると思いました。(CN)

熱海市手話サークルいでゆの会 クリスマス会

平成30年12月18日(火)

「今年もクリスマス会の季節がやってきました。心尽くしのお料理と手話ベリで少し早めのクリスマスを楽しみましょう」
というフレーズで募り、参加者15名、恒例のクリスマス会を楽しく、美味しく、手話べりの時間を過ごすことができました。

【プログラム】
・大会宣言
・乾杯の音頭
・会食と歓談(フリータイム)
・手話歌「赤鼻のトナカイ」
・自己紹介
・指文字ビンゴ大会
・ゲーム大会など
・閉会の挨拶

盛りだくさんのプログラムを皆様の協力でつつがなく無事に今年も終了することができました。

今年もあとわずかな日となりましたが、皆様、健康に気をつけお過ごしください。
そして良いお年をお迎えくださいませ。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

平成30年12月19日 NMより

第36回 熱海福祉祭り

「手話サークルいでゆの会による寸劇と手話歌を舞台初披露」

11月17日、10時寄りマリンホールにて、社会協議会参加27団体による福祉祭りが開催されました。
展示及び販売等、会場いっぱいに熱気が伝わりました。屋外ではボーイスカウト、包丁研ぎ等も行われ年々盛り上がりを見せて居ます。

手話サークルでは初めての舞台上で寸劇、此れは今回の昼間部の一人がサークルの聞こえない人の話を聞いて、聞こえない人の事を、聞こえる人に分って頂きたいと云う思いが、作るきっかけに成りました。

ハンカチを落とした男性に後ろから来た男性が「声を掛けても聞こえない、仕方なく肩を叩き聞こえない人の驚きの怖い顔、肩を叩いた人の手に自分のハンカチ、慌てて耳が聞こえないと話し、2人とも笑顔で通じ合った場面で終了。

電車の中で急停車した時の話、今は携帯という便利な物が生まれ、聞こえない人も自分が聞こえないと携帯で打ち、電車が止まったわけを教えて欲しいと周りに人に見せて情報を得る。

災害時の避難所での情報提供のお願い。寸劇では場内放送で食べ物、水の配給の放送に気づかない聞こえない人に、手話が出来なくとも書くものも紙も無くとも方法が有る、聞こえない人の殆どの人が、皆さまの口の形を読み取ることが出来る事。其の時の注意をお願いしました、大きく口を開けハッキリ、ゆっくり話してほしいと云う事、例えば避難所では、「食べ物、水、トイレ、場所」短い単語を話して下さいと、聞こえない人は考えて云う意味が分りますとお願いしました。

最後に聞こえない人は見ただけでは判りませんのでその人が見える所で表して下さいとお願いしました、終了後、初めて分ったと喜ばれました。
寸劇の後、手話歌(故郷 四季)の歌を手話で披露しました。

(CN)

ろうあ女性のつどい

第61回静岡県ろうあ女性のつどい
平成30年11月18日(日) 午前10時~午後4時
ぬまづ健康福祉プラザ 『サンウェルぬまづ』
参加者 約150名

静岡県ろうあ女性のつどいに初めて参加しました。
このつどいの目的は、静岡県下のろうあ女性の生活向上と安定を図るため、研究発表と意見交換を行い、会員相互の交流、文化福祉活動を推進し、さまざまな問題を解決していく場とする。との事です。

午前の部では、式典、報告事項、
協会からの発表(寸劇)
富士「訪問者、突然家に来られたら」
静岡「テレビのCMショッピング通信販売」
磐田「可睡斎の由来」があり、
午後の部では、講師・早瀬憲太郎氏による記念講演が行なわれました。

早瀬さんの手話は、魅力的で講演内容も面白く、早瀬ワールドに引き込まれました。
会場が大爆笑の中、楽しい時間もあっと言う間に過ぎてしまいました。

これからも、この様な行事に積極的に参加したいと思います。 (KI)

第54回 熱海市社会福祉大会

いでゆの会からの 推薦を頂き
福祉大会において 労力賞を 受賞させて頂きました。

今まで、手話の勉強やろう者との交流等 サークルの皆さんの応援で 続けさせて頂きました。

これからも、たくさん努力しなさいと、励まされたと 思っております。

これからも、頑張ります。よろしくお願いします。
ありがとう御座います。

田代 ひろみ