県サ連交流会が三島で開かれました

3月21日(日)三島市民文化会館で県内各地から約40名の方が参加して県サ連交流会が開かれました。

当日は生憎の雨天で、当初予定されていた三島市内のウォーキングは取りやめて、室内での交流会となりました。

開会式の後、8グループに別れてお互いに自己紹介、紙コップタワーや回転しりとり21というゲームで、グループの勝利を目指して真剣な眼差しで取り組み、交流を深めました。

東サ連講演会が開催されました

東サ連の講演会が3月14日(日)裾野市福祉保健会館で20名余りの人が参加して開催されました。

講師はデフアスリートの高橋渚選手。

講演は幼少期の手話との出会いから始まり、大学で槍投げの選手となり、2012年聾者の世界選手権大会で金メダルを獲得し、2024年日本で開催を目指しているデフリンピックでメダル獲得を目指すなど、今後の活躍が期待されている方です。

一般会社に就職した当初は、フルタイム勤務の後に練習する日々でしたが、デフアスリートの育成に理解のある会社に転職してからは、充実した練習ができるようになったとのことです。

最後に、身近に聾の子どもがいればできるだけ早く手話を教えてあげて下さいとお願いされました。

質疑の時間には、聾のご主人との出会い当初はお互いに印象が悪く怖かったというエピソードや出産後の復帰までの苦労、槍投げの競技方法などをお話しされました。

参加者の中には、デフリンピックのバスケットボール種目のメダリストや聾者の世界選手権大会柔道種目の出場予定選手など、東部地区には聾のスポーツ選手層が厚いことが窺われました。

東サ連10周年企画『下田 加茂地区交流会&ジオサイトめぐり』バスハイク

平成30年10月21日(日)8:30に三島集合・出発の表記の企画がありました。
残念ながらいでゆの会は私一人の参加でした。三島市、沼津市、伊豆市、伊豆の国市、裾野市のサークル員と下田の手話サークルあわせて、約40人の参加でした。(10月8日に伊豆ろう協のバス旅行があったばかりですが、10人くらいの人がダブルで参加でした。)

バスで二時間ほど揺られて、下田の道の駅の隣の「まどか浜遊公園」に着き、下田の手話サークルの人達と昼食と交流会をしました。
そして、バスで移動して「龍宮窟」「サンドスキー場」「須崎港の恵比寿島」見学、散策しました。

私は下田に何回か来てますが、じっくりゆっくり見ればおもしろいところがあるなと思いました。

「龍宮窟」は自然の神秘です。「恵比寿島」も変わった石のつくりでなおかつ、満潮になりつつあり遊歩道が波に洗われて沈んでしまいそうでした。

さて、下田のサークルの人や裾野の手話サークルの人とバスの中や交流会で情報交換が出来ました。楽しいひとときが過ごすことが出来ました。やはり、「いでゆの会」の会員もいろんな行事に参加すると良いと思いました。
木村 光晴