第6回手話大学習会が開催されました

9月19日(日)13時30分から伊豆長岡あやめ会館において伊豆ろうあ協会主催第6回手話大学習会『ろう者に伝わる手話〜表情、CL、様々な表現を学ぼう〜』が開催されました。

講師はNHK Eテレビ「みんなの手話」で講師アシスタントとして出演中の那須善子氏。

今回はコロナ禍中のため ZOOMも併用しての開催でした。

先生はろう學校に入った時に手話の違いにカルチャーショックを受けたことを紹介

ろう通訳には生活の中・病院・質問の仕方など工夫が必要で、

『千客万来』

『お寺の鐘がなる』

『見る』

『人を表すCL』

をテーマに表現の仕方を紹介

また日本語の『走る』の表現は、

1 人が走る

2 馬が走る

3 武器を捨てて走る

4 非行に走る

のそれぞれで異なることを実演、そして

『節電』

『服がぬれますよ』

の手話表現を実演して紹介

口形によって意味が変わってくる例として

『3本も倒れた』

『3本しか倒れなかった』

『3本だけ倒れた』

も実際に表現して紹介

ろう高齢者の手話の特徴をビデオで紹介して解説

最後に、

・顔の表情、うなずきにも意味がある

・日本語にこだわらず、文の意味を掴んで

・頭の中でイメージを描く

・一つのことばに、手話表現がいくつかある

・自分の引き出しを作る

・表現だけでなく読み取る力も必要

・相手に伝えたいという気持ちが大事

と強調されました

その後、参加者からの質疑応答があり、一つ一つ丁寧に答えて下さいました

15時30分までの予定でしたが、終了した時間は16時を過ぎており、参加者にとって大きな学びとなる学習会でした

 

 

 

 

 

9月も休会継続します

9月の定例会は、休会継続の予定です

7月の伊豆山地区土石流被害により、総合福祉センターにボランティア本部が設置されていることから、当分の間5階集会室の使用は望めない状況です

また、8月20日から静岡県が緊急事態宣言の対象区域となったことに伴い、昨年利用したことがあるいきいきプラザも9月末まで貸し出し中止となりました

そして定例会が開催可能と思われた起雲閣も同様に9月末まで貸し出し中止となっています

その為やむなく9月の定例会は休会継続となりますのでお知らせします

今後状況の変化により定例会が開催可能となりましたら改めてお知らせ致します

 

8月の定例会休会のお知らせ

8月の定例会は、伊豆山地区土石流被害に伴い、総合福祉センターや中央公民館が8月末まで貸し出し中止となったことにより、会場の確保が出来ないため、休会となりますのでお知らせします

なお、現在会場の確保に向けて準備中です

準備が整い次第、改めてお知らせいたします

熱海市災害ボランティアセンターが開設されました

7月5日13:00に熱海市災害ボランティアセンターが開設されました。

まだ現地に入っての活動ができる状況ではありませんが、大規模避難所から弁当運び等の運営補助をしてほしいというようなニーズが寄せられ始めています。

現在は、静岡県東部地区にお住まいの方を対象に、災害ボランティアの事前登録が可能となっており、登録された方にはボランティア活動のニーズが寄せられた時にお知らせが届きます。

少しでもボランティア活動が可能な方は、熱海市社会福祉協議会のウェブサイトのトップにある災害ボランティア情報特設ページのバナーをクリックして事前登録をお願い致します。

熱海市社会福祉協議会のウェブサイトは次のとおりです。

http://www.atami-shakyo.com/

 

静岡県手話サークル連絡会の第15回定期総会が開催されました

6月20日(日)13:45〜16:30沼津市沼津労政会館3階ホールで、静岡県手話サークル連絡会(県サ連)の第15回定期総会が開催されました。

この会は、県内の手話サークル及びろうあ協会、手話通訳問題研究会、手話通訳者集団との協同活動を基本として、聴覚障害者・手話に関わる各地域の情報交換、交流、学習、運動を推進し、地域手話サークル連絡会相互の連絡を密にし、共通な認識のもと、聴覚障害者福祉はもとより、誰もが暮らしやすいノーマライゼーションの理念の実現を目指しています。

今回の総会から代議員制が改定され、従来は地域サークル連絡会の加盟サークル数の5サークルで1名の代議員を選出していましたが、今度は東中西の各地域サークル連絡会から3名ずつ同数の代議員を出して議決する方式となりました。

本年3月21日(日)三島市民文化会館で静岡県手話通訳問題研究会(静通研)と合同で交流会が開かれ、ウォークラリーの予定でしたが、雨天のため室内ゲームに変更して実施されました。ゲームは紙コップタワーと回転しりとり21の2種類を行い、どちらも早さを競い合うゲームでグループ内の交流が大変盛り上がりました。

総会終了後に行われた交流会では、参加者をグループ編成して、手話に関連するクイズ大会を実施して知恵を絞り合い、大いに交流を深めました。

なお、東サ連から選出された3名の代議員のうち一人は石田さんが選ばれています。

静岡県東部手話サークル連絡会の第13回定期総会が開催されました

 

6月13日(日)13時30分〜14時30分、修禅寺生きいきプラザで、静岡県東部手話サークル連絡会(東サ連)の第13回定期総会が開催されました。

この会は、東部地域の手話サークルの情報交換、交流、学習、運動を推進し、ろうあ協会および手話通訳問題研究会と連携して活動し、差別のない社会を目指しています。

昨今のコロナ禍で交流会は出来ませんでしたが、本年3月の学習会ではデフアスリートの高橋渚選手をお招きして講演していただき、生い立ち・競技の内容・結婚・出産後の復帰・アスリートとしての苦悩など私達が知らない内容でとても魅力ある講演でした。

議事の中で新年度の事務局体制が承認されましたが、石田さんが事務局員として、また新堀さんが三島のよつば友の会から会計として入られました。


7月の月間予定表

伊豆山地区の土石流被害に伴い、総合福祉センターが災害復旧のためのいろいろな連絡場所や待機場所等に使用されることとなった為、以下に記載の7月定例会は全て中止となりましたのでお知らせします

定例会昼の部

7日 10時〜11時30分 総合福祉センター5階集会室

14日 10時〜11時30分 総合福祉センター5階集会室

21日 10時〜11時30分 総合福祉センター5階集会室

28日 10時〜11時30分 総合福祉センター5階集会室

定例会夜の部

6日 18時30分〜20時30分 総合福祉センター5階集会室

13日 18時30分〜20時30分 総合福祉センター5階集会室

20日 18時30分〜20時30分 総合福祉センター5階集会室

27日 18時30分〜20時30分 総合福祉センター5階集会室

第44回総会が開催されました

令和3年4月20日(火)18時30分より熱海市総合福祉センター3階大広間において、第44回熱海手話サークルいでゆの会定期総会が開催された。

冒頭に会長から挨拶があり、水泳のオリンピック代表選考会における池江選手の活躍に触れた後、2025年デフリンピックを日本に招致する構想があり、それが決まれば運営ボランティアの募集が始まるので、ウィズコロナの時代、新しい生活様式の元、デフリンピック成功の為に私たちは何が出来るかを考えて行動して行きたいと述べ、石田さんが議長となって議事に移った。

予定された議案は賛成多数で全て承認され、その他の議案では楽しい手話サークル活動を進めるために活発な意見が交換された。最後に周辺のサークルよりも割高な会費を安くして欲しいとの要望があり、来年の総会で減額案を審議する事となった。

今年の総会は、昨年度手話通訳者試験に合格した山田さんと中村さんが手話通訳を務めてスムースな意思疎通ができ、今後の活躍が期待されている。

 

県サ連交流会が三島で開かれました

3月21日(日)三島市民文化会館で県内各地から約40名の方が参加して県サ連交流会が開かれました。

当日は生憎の雨天で、当初予定されていた三島市内のウォーキングは取りやめて、室内での交流会となりました。

開会式の後、8グループに別れてお互いに自己紹介、紙コップタワーや回転しりとり21というゲームで、グループの勝利を目指して真剣な眼差しで取り組み、交流を深めました。

東サ連講演会が開催されました

東サ連の講演会が3月14日(日)裾野市福祉保健会館で20名余りの人が参加して開催されました。

講師はデフアスリートの高橋渚選手。

講演は幼少期の手話との出会いから始まり、大学で槍投げの選手となり、2012年聾者の世界選手権大会で金メダルを獲得し、2024年日本で開催を目指しているデフリンピックでメダル獲得を目指すなど、今後の活躍が期待されている方です。

一般会社に就職した当初は、フルタイム勤務の後に練習する日々でしたが、デフアスリートの育成に理解のある会社に転職してからは、充実した練習ができるようになったとのことです。

最後に、身近に聾の子どもがいればできるだけ早く手話を教えてあげて下さいとお願いされました。

質疑の時間には、聾のご主人との出会い当初はお互いに印象が悪く怖かったというエピソードや出産後の復帰までの苦労、槍投げの競技方法などをお話しされました。

参加者の中には、デフリンピックのバスケットボール種目のメダリストや聾者の世界選手権大会柔道種目の出場予定選手など、東部地区には聾のスポーツ選手層が厚いことが窺われました。