12月の予定

12月の定例会を下記の通りいきいきプラザで開催しますのでお知らせします

1日(水) 4F和室     10:00~11:30

7日(火) 6F視聴覚室   18:30~20:30

8日(水) 6F視聴覚室   10:00~11:30

14日(火)7F多目的ホール 18:30~20:30

15日(水)7F多目的ホール 10:00~11:30

21日(火)市内レストランでXmas夕食会 18:30~

22日(水)6F視聴覚室   10:00~11:30 定例会後市内でXmas昼食会

1月からは総合福祉センター5F集会室で定例会を開催する予定です

11月の予定

11月の定例会を下記の通りいきいきプラザで開催しますのでお知らせします。

2日(火) 18:30~20:30 6F視聴覚室

9日(火) 18:30~20:30 7F多目的ホール

10日(水) 10:00~12:00 6F視聴覚室

16日(火) 18:30~20:30 6F視聴覚室

17日(水) 13:00~15:00 6F視聴覚室

24日(水) 10:00~12:00 6F視聴覚室

30日(火) 18:30~20:30 7F多目的ホール

定例会は自由参加です。

マスクを着用してご参加ください。

入り口での手指消毒をお願いします。

 

10月の予定

いつも定例会に利用させていただいている総合福祉センターは、伊豆山地区で発生した土石流事故の関係で使うことができませんが、利用できるようになるまでの間、いきいきプラザの会議室を使わせていただけるようになりました。

10月の定例会を下記の通り開催しますのでお知らせします。

5日(火)18時30分〜20時30分 6F視聴覚室

6日(水)10時〜12時       7F多目的ホール

12日(火)18時30分〜20時30分 7F多目的ホール

13日(水)10時〜12時       6F視聴覚室

19日(火)18時30分〜20時30分 6F視聴覚室

20日(水)10時〜12時       7F多目的ホール

26日(火)18時30分〜20時30分 7F多目的ホール

27日(水)10時〜12時       6F視聴覚室

定例会はコロナの関係で自由参加です。

マスクを着用してご参加ください。

入り口での手指消毒をお願いします。

 

 

第6回手話大学習会が開催されました

9月19日(日)13時30分から伊豆長岡おおとり荘において伊豆ろうあ協会主催第6回手話大学習会『ろう者に伝わる手話〜表情、CL、様々な表現を学ぼう〜』が開催されました。

講師はNHK Eテレビ「みんなの手話」で講師アシスタントとして出演中の那須善子氏。

今回はコロナ禍中のため ZOOMも併用しての開催でした。

先生は家庭ではサインネーム・ホームサイン中心の生活からろう學校に入った時に手話の違いにカルチャーショックを受けたことを紹介

ろう通訳には生活の中・病院・質問の仕方など工夫が必要で、

『千客万来』

『お寺の鐘がなる』

『見る』

『人を表すCL』

をテーマにCL表現の仕方を紹介

また日本語の『走る』の表現は、

1 人が走る

2 馬が走る

3 武器を捨てて走る

4 非行に走る

のそれぞれで異なることを実演、そして

『節電』

『服がぬれますよ』

のCLを実演して紹介

口形によって意味が変わってくる例として

『3本も倒れた』

『3本しか倒れなかった』

『3本だけ倒れた』

も実際に表現して紹介

ろう高齢者の手話の特徴をビデオで紹介して解説

最後に、

・顔の表情、うなずきにも意味がある

・日本語にこだわらず、文の意味を掴んで

・頭の中でイメージを描く

・一つのことばに、手話表現がいくつかある

・自分の引き出しを作る

・表現だけでなく読み取る力も必要

・相手に伝えたいという気持ちが大事

と強調されました

その後、参加者からの質疑応答があり、一つ一つ丁寧に答えて下さいました

15時30分までの予定でしたが、終了した時間は16時を過ぎており、参加者にとって大きな学びとなる学習会でした

 

以下はオンライン手話大学の記事からの参考資料です

「CL」とは、「Classifier(クラシファイアー)(類辞)」の略で、手話特有の表現方法です。言い換えると【ある観点で同じ仲間に分類する、あるいは分類した仲間】という意味とも捉えることができます。

手話には、「厚いもの」「薄いもの」「長いもの」「短いもの」などと表現する方法があります。これは世界の手話における共通の表現方法です。

ろう者は会話の中で固定語彙を使う割合はCLよりも少ないといわれています。

地域や年齢によって使う手話が異なる中で、ろう者同士が意思疎通できるのはCLを多く活用しているからだと思います。

固定語彙とは、手話の本に載っている言葉のこと。

何度も言いますが、ろう者の会話は固定語彙だけに頼っておらず、固定語彙を知らなくても、CLを活用して意思疎通しています。

新しい固定語彙が定められてもろう者の中に浸透することはあまりないように感じます。ろう者にとってわかりにくいものも多いからです。

また自分の「語彙」が少ないからと手話単語ばかり覚えている学習者を見かけますが、いわゆる手話単語を覚えるだけでは、ろう者が使う手話にはほど遠く、【伝わらない手話】になってしまいがちです。

皆さんがろう者とコミニュケーションをとるために手話を学んでいるのであれば、ろう者が使う手話に近づける必要があるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

9月も休会継続します

9月の定例会は、休会継続の予定です

7月の伊豆山地区土石流被害により、総合福祉センターにボランティア本部が設置されていることから、当分の間5階集会室の使用は望めない状況です

また、8月20日から静岡県が緊急事態宣言の対象区域となったことに伴い、昨年利用したことがあるいきいきプラザも9月末まで貸し出し中止となりました

そして定例会が開催可能と思われた起雲閣も同様に9月末まで貸し出し中止となっています

その為やむなく9月の定例会は休会継続となりますのでお知らせします

今後状況の変化により定例会が開催可能となりましたら改めてお知らせ致します

 

8月の定例会休会のお知らせ

8月の定例会は、伊豆山地区土石流被害に伴い、総合福祉センターや中央公民館が8月末まで貸し出し中止となったことにより、会場の確保が出来ないため、休会となりますのでお知らせします

なお、現在会場の確保に向けて準備中です

準備が整い次第、改めてお知らせいたします

熱海市災害ボランティアセンターが開設されました

7月5日13:00に熱海市災害ボランティアセンターが開設されました。

まだ現地に入っての活動ができる状況ではありませんが、大規模避難所から弁当運び等の運営補助をしてほしいというようなニーズが寄せられ始めています。

現在は、静岡県東部地区にお住まいの方を対象に、災害ボランティアの事前登録が可能となっており、登録された方にはボランティア活動のニーズが寄せられた時にお知らせが届きます。

少しでもボランティア活動が可能な方は、熱海市社会福祉協議会のウェブサイトのトップにある災害ボランティア情報特設ページのバナーをクリックして事前登録をお願い致します。

熱海市社会福祉協議会のウェブサイトは次のとおりです。

http://www.atami-shakyo.com/

 

静岡県手話サークル連絡会の第15回定期総会が開催されました

6月20日(日)13:45〜16:30沼津市沼津労政会館3階ホールで、静岡県手話サークル連絡会(県サ連)の第15回定期総会が開催されました。

この会は、県内の手話サークル及びろうあ協会、手話通訳問題研究会、手話通訳者集団との協同活動を基本として、聴覚障害者・手話に関わる各地域の情報交換、交流、学習、運動を推進し、地域手話サークル連絡会相互の連絡を密にし、共通な認識のもと、聴覚障害者福祉はもとより、誰もが暮らしやすいノーマライゼーションの理念の実現を目指しています。

今回の総会から代議員制が改定され、従来は地域サークル連絡会の加盟サークル数の5サークルで1名の代議員を選出していましたが、今度は東中西の各地域サークル連絡会から3名ずつ同数の代議員を出して議決する方式となりました。

本年3月21日(日)三島市民文化会館で静岡県手話通訳問題研究会(静通研)と合同で交流会が開かれ、ウォークラリーの予定でしたが、雨天のため室内ゲームに変更して実施されました。ゲームは紙コップタワーと回転しりとり21の2種類を行い、どちらも早さを競い合うゲームでグループ内の交流が大変盛り上がりました。

総会終了後に行われた交流会では、参加者をグループ編成して、手話に関連するクイズ大会を実施して知恵を絞り合い、大いに交流を深めました。

なお、東サ連から選出された3名の代議員のうち一人は石田さんが選ばれています。

静岡県東部手話サークル連絡会の第13回定期総会が開催されました

 

6月13日(日)13時30分〜14時30分、修禅寺生きいきプラザで、静岡県東部手話サークル連絡会(東サ連)の第13回定期総会が開催されました。

この会は、東部地域の手話サークルの情報交換、交流、学習、運動を推進し、ろうあ協会および手話通訳問題研究会と連携して活動し、差別のない社会を目指しています。

昨今のコロナ禍で交流会は出来ませんでしたが、本年3月の学習会ではデフアスリートの高橋渚選手をお招きして講演していただき、生い立ち・競技の内容・結婚・出産後の復帰・アスリートとしての苦悩など私達が知らない内容でとても魅力ある講演でした。

議事の中で新年度の事務局体制が承認されましたが、石田さんが事務局員として、また新堀さんが三島のよつば友の会から会計として入られました。


7月の月間予定表

伊豆山地区の土石流被害に伴い、総合福祉センターが災害復旧のためのいろいろな連絡場所や待機場所等に使用されることとなった為、以下に記載の7月定例会は全て中止となりましたのでお知らせします

定例会昼の部

7日 10時〜11時30分 総合福祉センター5階集会室

14日 10時〜11時30分 総合福祉センター5階集会室

21日 10時〜11時30分 総合福祉センター5階集会室

28日 10時〜11時30分 総合福祉センター5階集会室

定例会夜の部

6日 18時30分〜20時30分 総合福祉センター5階集会室

13日 18時30分〜20時30分 総合福祉センター5階集会室

20日 18時30分〜20時30分 総合福祉センター5階集会室

27日 18時30分〜20時30分 総合福祉センター5階集会室